高齢出産に伴うリスクを知る

高齢出産に伴うリスクを知る

その人によって、妊娠をするときも出産をするときも状況は違っているものです。ですから、高齢出産だとしても、全員が同じリスクを負うことになってしまうというわけではないのです。高齢出産をすることで大きなリスクを負ってしまう人もいれば、ほとんどリスクがない人もいるのです。

 

あなただけの体ではなく、赤ちゃんもいるのですから、決して不安にならずに無事に出産できるようにしていかなくてはなりません。

 

高齢出産は35歳以上の女性の出産のことを指しています。この高齢出産は35歳以下の年齢の人の出産よりもリスクが高くなっているといわれているのですが、出産にしても妊娠にしてもリスクはあるものですし、トラブルが生じてしまうこともあります。ですから、高齢出産だけがリスクを負わなくてはならないというわけではありません。

 

それに、40歳を過ぎてから出産をした人でも、特に問題なく赤ちゃんを産むことが出来る人もいれば、反対に20代でもかなりの危険が及んでしまうことだってあります。それでも、35歳を過ぎて高齢出産をする場合は、少なからずリスクが高くなることも理解しておかなくてはならないですし、知っておかなくてはならないこともいくつかあります。

 

高齢出産の場合、リスクとしてどのようなものがあるのでしょうか?これから高齢出産に関するリスクについてお話をしますが、リスクが高くなるといっても、若い頃と比べて異常なほど高くなるというわけではありません。ですから、神経質になり過ぎないようにしましょう。

 

まず高齢出産は流産しやすいといわれています。一般的に流産をする確立というのは10%ほどになっているのですが、35歳を超えた場合20%ほどになるといわれています。これは、卵子が老化をしてしまったり、おなかの赤ちゃんの先天的な異常が原因であることもあります。流産というのは確実に防ぐことが出来る方法はありません。若い人でも流産をしてしまうことはありますが、高齢出産の場合は特に流産しないように気をつけなくてはならないでしょう。

 

そして、先天異常が現れるリスクも高くなるとされています。ですが、若くても胎児の先天異常がまったくないというわけではありません。25歳から29歳までの場合は、1.88%の確率、そして35歳から39歳で2.02%、そして40歳を超えると2.38%の確立で先天異常が見られるとされています。

 

確かに高齢出産のほうが先天異常になる可能性は高いですが、20代での出産と比較をしても1%も変わらないのです。高齢になるほど、ダウン症などのような染色体異常が表れる傾向が強いです。妊娠をしている女性の仲で、胎児の診断をしてもらおうか迷っている人も多いのですが、自分で決めかねるのであれば、医師に検査を受けるべきかアドバイスを求めてみてはいかがでしょうか?

 

次に、妊娠高血圧症候群を発症するリスクも高くなります。高血圧や蛋白尿、むくみなどの症状のうち、1つ症状が出てしまっているのであれば妊娠高血圧症候群の可能性があります。特に高血圧の症状があるのであれば、厳重注意といえるでしょう。

 

高齢出産の女性というのは、若い女性と比べると1.8倍ほど高血圧になってしまう可能性が高くなるといわれています。妊娠をしたことや、年齢の重ねによって内蔵の機能が低下しやすいことで、高血圧になってしまいやすくなるのです。妊娠高血圧症候群というのは、決して楽観視できる症状ではありませんから、早めに発見をしていくようにしなくてはなりません。特に体重が増えすぎてしまうと、それだけ高血圧になりやすいですから、食事管理は徹底していかなくてはならないでしょう。

 

そして、高齢出産をするとなると、自然分娩ではなく、帝王切開をしなくてはならない可能性も高くなります。病院によって、母体と赤ちゃんの安全を考慮して、帝王切開をする傾向にあるクリニックもあれば、自然分娩にしようとしているクリニックもあります。なるべく自然分娩で出産をしたいのであれば、自然分娩に力を入れている産婦人科を見つけたほうがいいでしょう。

 

そして、高齢出産になると子供がダウン症になるリスクも高くなるといわれています。卵子が年々老化をしていくことになるため、20代の場合は0.1%の確率でダウン症になるのに対して、40歳を超えるとダウン症の発症率は1%に上昇します。卵子の老化だけではなく、高齢になると細胞分裂に問題が発生しやすくなってしまい、遺伝子配列が乱れてしまうことで、ダウン症になる可能性が高くなるといわれています。

 

参考:高齢出産は何歳から?妊娠前にリスクを知る!